INTERVIEW

社員インタビュー

Engineer

TAKUYA MIZUMA

水馬 拓也

2016年入社

「自分しかいない」という使命感を
持って、働く。

—この会社に入社した理由。

トークノートに入社した理由は二つあります。一つ目は、まだ小さいベンチャー企業で働きたかったからです。前職は大きな会社だったので担当できる業務範囲が限定的で、何でもチャンレンジできる仕事環境に非常に魅力を感じていました。 二つ目は、長期的なキャリアを意識した時、専門性を身につけたいと思ったからです。
IT系メガベンチャーでエンジニアとしてキャリアをスタートし、その後大手コンサルティングファームでコンサルタントへキャリアチェンジをしました。その為、IT、エンジニアリングやコンサルティング等、幅広く語ることは出来ていたのですが、全てが中途半端だと感じていました。専門性を身につけるためにも、今後自分がやっていきたいことを考え、改めてエンジニアという職種を選択することに決めました。もちろん、ブランクもあり不安でしたが、自分の中のチャレンジ精神を大事にし、トークノートに入社しました。

—現在の仕事。

トークノートに入社して、現在約1年になりますが、始めの9ヶ月間はTalknoteのWeb側の開発を行っていました。改善から新機能開発まで幅広く携わらせてもらいました。現在は、インフラエンジニアとしてサービスの性能改善を担当しています。元々、システム基盤構築のコンサルタントをやっていたので、概念的には理解できていますが、実際に手を動かすという点ではまだまだスキル不足なので、毎日プレッシャーと戦っています。

—仕事のやりがい。

「自分しかいない」いう使命感をもって働けることですね。ベンチャー企業は人が少ないので、一人ひとりが当事者意識を持つことを求められます。自分の場合、サービスの品質担保は自分の技術にかかっていると日々思いながら働いています。明らかに何でも知っているような凄い人がいると、結局その人に頼ってしまうので、自分にとっては精神面と技術面を同時に高められる非常に良い環境です。プレッシャーがかかり、辛いときもありますが、だからこそ面白みを感じることが出来ます。

あとは、担当範囲が広いので自分の成長を実感できる機会が多いですね。入社当時は、サービスの成長に自分のスキルが追いついていないと感じることが多かったのですが、今年担当した「Taskbot」という業務の自動化により生産性の向上に貢献することを狙った新機能の開発では、自分のスキルでカバーできる部分が大きくなったことを実感できました。大きな会社での経験があるからこそ、ベンチャー企業での1年という経験に、非常に大きな価値を感じます。前職に比べて「辛いな」と感じる回数は増えましたが、「成長できているな」と感じる回数はそれ以上に増えています。

—この会社の魅力。

コミュニケーションを重視する文化に魅力を感じてます。エンジニアという職種には「おはようございます」「お疲れさまです」としか発言しない人も稀にいると思うのですが(笑)、トークノートではエンジニア同士でナレッジを共有し合う勉強会、日々の業務の進捗を確認する毎日の昼会や月次でリーダーと行う1on1ミーティングなど、業務でのコミュニケーションはもちろん、定期的な飲み会など業務外でのコミュニケーションも盛んです。時には社内のフリースペースでゲームをしながらみんなで飲むこともあります。

あとは機会の多い会社ですね。機会とは解決するべき課題があるということです。まだまだ開発体制も弱く、整備されていない部分が多いと感じます。自分次第で、その課題を拾い上げ、自ら解決する役割を担っていけます。自分で自分の役割を作っていける人はトークノートに向いていると思います。

1日の流れ

トークノートには、外部協力として参画されているエンジニアが多数います。毎週、AWSのコンサルティングを依頼している外部エンジニアの方と、インフラの課題についてディスカッションを行っています。

10:00

エンジニアはフレックス出勤のため、朝礼ならぬ昼礼。12:00から開発部門全員で、リーダーからの重要事項の伝達と、本日のタスクを確認し、業務を開始します。

12:00

昼食。自席でお弁当を食べる人、外に食べに行く人、様々です。チームによっては週に一回チームランチを実施しているチームもあります。

13:00

開発作業。音楽を聞いたり、無料のおやつを食べながら自由なスタイルで開発をしています。集中して作業をしたい時は静かなフリースペースを利用します。

14:00

夕会。チームごとに30分時間をとって夕会を実施します。日々の業務の中で気づいた課題などがあればこの場で共有し、解決へ向けてのアクションを決めます。

17:00

仕事が順調に進んでいる時は、定時に退社。繁忙期であれば2~3時間程度残って仕事をすることも。個人の裁量に任せてもらえているため、プライベートの調整はしやすいです。新機能リリースやサーバメンテナンスなど、夜間作業が発生する場合は出社時間をずらして調整することもあります。

19:00